エクスペンダブルズ ニューブラッド

こんな血なら絶やしちまえ!!!!

以下ネタバレです。エクスペンダブルズシリーズや「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のネタバレも含みます。

あらすじ

エクスペンダブルズがみんなで仕事に行ったところ任務中にバーニーが犠牲に。怒り狂ったハゲが頑張る。


いつもなら公式サイトへのリンクを貼る私ですが貼りません。エクスペンダブルズニューブラッドの公式を何も信用していないからです。

というのも、エクスペ公式は2024年1月公開のところ2023年10月というかなり早い段階でファン向け試写会を開催。それだけならまだしもSNSに感想を自由に呟いて良いというルールでオタクお構いなし。
前作から10年の年月を経て新作!とワクワクしていた私はそのファン向け試写会の存在を知らず「そういえばエクスペってそろそろかな?日本での公開日とか出てるかな〜」とかなり気軽な気持ちでSNSの検索をかけたところモロにファン向け試写会に参加したユーザーの感想を被弾。慌てて閉じたので一部しか見ていませんが「タギれって言われてもなにもタギらなかった」「ポップコーンを持ち込んだのに何も手を付けず終わった」「ダイ・ハード/ラスト・デイだった」という終わりみたいな感想を目撃。ダイ・ハード/ラストデイ見た人はわかると思いますがダイ・ハード/ラスト・デイですよ!?!??よりにもよってすぎる。終わりだよマジで…と苦しみながらも忘れようと努力しイコライザー3を観て年内は救われていました(マッコールさん、ありがとう……)

公式が何も信用できなくなった私はとりあえず公開日だけ把握し年末が近づいた頃から一切のインターネットを遮断。お出しされるであろう予告編やエクスペ公式が投下してくるであろう金払って書いてもらった持ち上げ関係者コメントとかマジで絶対に見たくなかったのでガチでインターネットをやめました。このサイトが去年のクリスマスくらいから動かなかったのはそのせいです。俺が法だ。

というわけでついにエクスペ4を観てきたので感想です。

良かったところ

  • バーで全員を殴ると指輪が出てくるRPGの途中のミニゲームみたいなシステム(素直に出てくるんだ)
  • トニー・ジャー様の存在
  • ハゲの頑張り(求職シーン含む)
  • カス配信者の「ハメそこねたみんなにお裾分けだよ〜!」みたいな吹き替え版台詞
  • ドルフ(存在が可愛いため)
  • 声優の吹き替え(とても聴きやすくてよかった)

悪かったところ

  • テンポ
  • 下ネタ
  • 脚本
  • キャラ崩壊(特にバーニー)
  • この作品の存在

マジでこんなもん観せられてなんの感想書けっていうんだよ…私の人生で初めてですよスクリーンに静かに中指立てたの。お前の治安が終わってるだろと言われたらそれはその通りなのでそれでいいですがこれ観せられてどうしたらよかったんだよ。ムビチケ1,600円払ってんすよ。1,600円をこの映画に。ふざけやがって!!(コマンドーのメイトリックスっぽく)
本当に何もかもが終わってて、最悪な方の比喩表現として「同人誌か?」って言ってた。この「同人誌か?」の言葉はいわゆるワイスピスーパーコンボ冒頭を観たときに出てくる好意的な「おいおいBL同人誌か?」の意ではなくハリウッドレベルの金動かしてこんな作品をお出ししてくるプライドのなさにキレてる「同人誌か?」です。

まずテンポ。これはもう最初から最後まで全部終わってたので説明不要です。エクスペシリーズの魅力が男子校か男子野球部みたいな濃いホモソーシャル内の小気味よい会話がリズミカルに繰り出される部分にあるのは明確なのにそれが全部ない。良い意味でのホモソーシャルも消え去りテンポもカスと来たらもう残るのは終わりしかないですよ。
あとテンポがゴミなのに微妙にエクスペ過去作をオマージュするみたいな演出があるのも腹立つ。ハゲが頭触ってバーニーに「危ねえだろ〜が!!」って言うシーン1からあるけどあんなシーンでそれ入れられてもマジで怒りしかわかないんですよね。他のものが沸き立つ人類いないだろ。主語デカと言われようともうなんでもいい。俺が裁く。

次に下ネタ。エクスペンダブルズシリーズに下ネタが一切なかったかと言われればNoだし、デカい銃自慢したあとにお前のナニみたいにすぐ撃ち終える(萎える)やろがいwガハハwみたいなネタは有りましたが、せいぜいちんこのサイズの話して仲間内で爆笑する程度の男子小学生下ネタしか取り入れてこなかったのに急にセンスないもんばっか見せてきてマジで何?ハゲが急に出てきたミーガン・フォックスに対して愛撫するとかハメ撮り配信とか放尿脱出とかガルゴの息子が変態キャラ(これマジで何?)(そもそもガルゴの息子って何?)とか言われても何がどう面白いのか意味不明な上に空気の読めてないカスみたいな下ネタで観客がマジで静まり返ってたんですよね。いや一度も観客盛り上がってなかったけど。最初から最後まで一生静まり返ってたけど。スタッフロール開始即出ていく民が大量にいる上に最後劇場が明るくなって見えたのは疲れた顔だけですよ。あのときの私の顔自撮りして監督に送ったろか。指輪が嵌ってたディルドの置物とかマジでなんなんだよ。あんなん観客に見せて楽しかったか?

脚本。バーニーの最初の意図も不明だし(マジで何?)キャラクターはずっと崩壊してるし話はしょうもないし裏切り者は誰だ?ってどう考えてもポッと出のCIAのオッサンじゃねえか!!…いや、今のハリウッド映画でさすがにあのCIAのオッサンが犯人じゃ示しがつかねえか…と思ったらCIAのオッサンが犯人で爆笑しました。マジでやる気ある!?エンタメ映画作る気なにもないだろ。
途中からポリコレ対策みたいに追加されたアジア人女性とかなんなんだ。名前付いたキャラを出すならちゃんと立たせてから出してくれ。キャラ掘り下げが何も行われていない謎のコスプレイヤーが並んでこっちにザッ……って歩いてくるシーンを見て何をどうタギったら良かったんだ。
ミーガン・フォックス、経歴的にエクスペ出るのは妥当だと思いますがキャラ掘り下げがマジでなにもなされていないので本当に不要で泣いちゃった。急に仕切りだして本番でしょーもない捕まり方した挙げ句あんな打ち上げシーン見たいやついんのかよ。こっちは1〜3見返してから行ってるから頭の中でシーザーに!!(カァーン)ってなってんの!!!!!打ち上げ乳首とか本当にいらねえ!!!!

他の新キャラはトニー・ジャー様以外掘り下げがほぼゼロ過ぎてマジで何も言えない。何も覚えてない。私も知り合ったトニー・ジャー様が加勢してくれるストーリーをもっと楽しい映画で観たかったよ。ドルフはいつものガンナーちゃんから崩れてなかったのでよかったです。ガンナーちゃんとトニー・ジャー様でなんとか途中退席するのをこらえてた。トールロードは謎のキャラにされてたのでもう知りません。ガルゴの息子って何?

ダイ・ハード/ラスト・デイ

日本最速試写会で今作が「ダイ・ハード/ラスト・デイ」だと表現していた人をみて、『ダイ・ハード/ラスト・デイ並みに面白くない』のか『ダイ・ハード/ラスト・デイみたいな終わりのハリウッド核扱い』なのか、映画を観る前は前者だと思っていたのですが実際は両方でした。終わりだよ。
具体的に言うと「ダイ・ハード/ラスト・デイ」ではめっちゃ核のせいで放射能出てて大変〜!主人公たちが汚染されちゃう〜!となった際に急にテキトーな放射能対応スプレーみたいなのを取り出してトイレの消臭スプレーのようにシューッとスプレーした挙げ句「これで放射能は大丈夫♫」と解決するマジでカスみたいなシーンがあるのですが、今回のエクスペ4は核が爆発する!みんな近くにいる!もうだめだ!!「でも核を一応船ごと海の中に沈めてから爆発させたから核の爆風食らっても大丈夫♫」という同じレベルのことをやっててマジで何も変わってないんだなと思いました。結局今もターミネーター2よりまともな核取り扱い倫理観は出てこないのか。

フィクションなんだしそれくらい別にええやろと思う方も多数いると思いますが私本当にこの核についてのハリウッド界での「ちょっとすごい爆発するやつ」みたいな気軽な取り扱い方が嫌いで、まあエクスペ2でもプルトニウムが乱雑に転がってたじゃねえかと言われればマジでその通りなのですが、4はあまりにも終わってるストーリー展開な上にこれかよという終わりのダブルパンチ過ぎて無理でした。ざ…雑!!

ありがとう、そしてさようなら

エクスペシリーズは筋肉!爆発!バカ!と表現しがちですが、その中身は練りに練られた何も考えてない観客を魅了するアクション、アクション映画を愛するオタクに向けられた細かな小ネタ、俳優たちやあらゆる作品への熱いリスペクトと愛、小気味良い台詞回しや考えられた丁寧な脚本、立ちまくったキャラクターたちのセンスある掛け合いで存在しているのだと再認識しました。私の中で最大級の賛辞として存在する『何も考えなくていい、バカ向け映画』こそ作るのが難しいんですよね。

これは本当に最悪なんですがエクスペ4を観るとその1〜3で自分が感じていたエクスペンダブルズシリーズの魅力や大好きな点がはっきり分かるのは利点だと思います。…利点じゃねえよ!クソ!んなことでシリーズの魅力を思い出したくなかったよ!普通に4を楽しんで「そうそう!こういうやつ!!」って思い出しながら楽しみたかったよ!なんでこんなことになってんだ。こっちは1〜3観て丁寧な復習をしてから行ったんだぞ。ここまで終わってるもん観せてくるなんて思ってなかった。
あとジャンボシュリンプさんのところおかしくない?飲み屋でバーニーに賭けで勝っただけなのにクリスマスにクラシックにボコられて飛行機乗せられて墜落して焼死?命が軽く吹き飛ぶシリーズとはいえ倫理観終わってませんか?そういう命の遊び方して笑う作品だったの?ほんとバーニーがバーニーの見た目した別人でキツかった。誰なんだよ。これでいいのかよスタローン…。考え直してくれスタローン。

エクスペシリーズ、吹き替え字幕吹き替え字幕吹き替え字幕と6回観に行くのが恒例だったオタクですけどもう二度と行きません。私のエクスペは終わりました。一生1〜3を繰り返し再生して生きます。私の一部が派手に破壊されて新年早々悲しい気持ちです。ほんまにおもんなかった。キャッシュトラックとエクスペ4どっちが面白かったか聞かれたらマジで悩むもん。トニー・ジャー様分で4かな。でもキャッシュトラックは冒頭の蛇OPで映画のテイストを教えてくれるから優しいよな…。マジで何だったんだよこれ。助けてください。

追記

ガンナーちゃんが断酒して頑張ってる!って話を「アル中は結局我慢できなくて草」というオチに持っていった悪趣味さについて書くの忘れた。映画の演出全てが悪趣味だったから忘れてた。
あとガンナーちゃんは(他のエクスペメンバーもだけど)なんだかんだこの年齢まで生き延びてるこの道のプロなんだから自分が老眼だって気付いたら仕事に支障がないようきちんと調整をかけると思う…(というかそうしてないとこの年齢までこの業界で生き残れてないだろう)。ドジっ子ガンナーの演出がかわいい、それは全人類が認めるところだけどとにかくすべてのキャラ解釈が崩壊レベルなのが辛かった。前作からかなり時間が経っているのにみんな見た目はかなり整えて挑んでるのが更に追い打ちをかけてる。見た目(ガワ)はキャラクター本人なのに言ってることややってることの中身が別人でぐちゃぐちゃだったから…。

あとバーニーってクリスマスのことずっと「クリスマス」って呼んでたと思うんだけど(記憶違いだったらごめん)今回リーって呼んでなかった?時間が経ってるし関係性の変化があったんだよと言われたら他のこと(この映画で起きたすべてのことです)よりはまだ理解できるけど、MGSPW原作でパスが和平のこと「ミラーさん」って呼ぶのに別作者のノベライズで急に「カズ」って呼んでるの見てブチ切れてノベライズ燃やす漫画描いたことがある私(過激派の方?)は呼び方の変化は地雷に近かった。名前の呼び方ってキャラクターを表す重要なポイントだから(しかもシリーズを重ねてる作品だし)テキトーに変えられると私は臨戦態勢になります。なんだ?ケンカか?(やめなよ!)

あとバーニーが死んだよ情報もらったトレンチが無反応なわけなくない!?本人が出演不可だったとしてもバーニー復帰後の後付設定や台詞でカバーできることはあるだろ!!!!(これはシーザーにも言えることだけど)
ただ監督のインタビューチラ見したら「前任者が映画の方向性に納得行かなくて急に降りて、自分に話が回ってきたのは撮影の4週間前だった」って言っててもう誰も責められねえじゃんになった。シーザーが降板した理由もプロデューサーが云々みたいなアレで、映画のスタッフロールも明らかにエグゼクティブプロデューサー多すぎたしいろんなトラブルがあったんだろうな…。でもアクション映画ファンが大事に大事に宝物として楽しみにしてきたこのビッグタイトルに泥を塗ってほしくなかった。くそーーーー!今からでもタイトル変えろ!!!!

ABOUT US

コロンビアの個人サイトです。てがろぐにもよくいます。

CATEGORY
SEARCH
ARCHIVES