ハマっているジャンルがないオタク

ハマっているジャンル、いわゆる自ジャンルがないオタクとして過ごして1年以上が経ちました。

一度ハマると10年単位でどっぷり浸かるオタクとして生きた私は、今珍しく自ジャンルがないまま過ごしています。
想いだけが走り抜けいつのまにかイベントに申し込み同人誌を作っていたとか、オタクの友達とああだこうだと話したりとか、そういう活動から離れて暫く。
オタクを卒業した訳でもなく(オタクを卒業するって何?)、オタクなんだけど今ハマってるジャンルは?と聞かれると答えられないオタク。好きな作品を一切追ってない訳でも、過去ジャンルに全く想いを馳せないわけでもないけれど、今ハマっているジャンルはないオタク。

ハマっているジャンルがないオタクは可視化されにくいなと思ったので、サイトに書きました。皆ジャンルからそのオタクの存在を知るし、とはいえ今ハマってるジャンルがないオタクって世の中にたくさんいると思うんだけど、いまいちどう生きてるのかよく分からない。私の場合はとてつもなく普通に生きて、あえていうなら全力オタクだった時より睡眠時間が長くとれてるかな…みたいなレベルなんですけど。みんなどうしてるんだろう。

ハマってるジャンルがないオタク、全然悪いことじゃないしいいはずなんだけど、よく分からない変な焦りがありませんか?
私の場合はハマればどうせ漫画とか描かないと死ぬ…アウトプットしないと死ぬ…状態になるのがわかってるのですが、ほんと今全然絵を描かないので(二次創作で表現したいものがあるから漫画を描くタイプの人間)うーん全然描いてないな?これでいいんだっけ?みたいな…
焦ったからって何かのジャンルにハマれる訳でもなく、結局またこの世界で淡々と生活していくんですけど、全力で何かのジャンルにハマりまくり人生が引っ掻き回されている人を見ると「めっちゃいいやん!!人生楽しそーー!!」と思ったり…

あと今SNSから離れて過ごしているんですけど(この話も書きたいな)、ハマってるジャンルがあると実質無理じゃん…?の気持ちになりつつ…今どんなコンテンツも最新情報はツイッターでとか普通ですもんね。あと狂ったオタクが毎夜集まるダンスホールことTLに集ってこそ、という雰囲気やその感覚を味わいたいみたいな…でもこれは体力があるとき限定な熱狂方法な気もする…。

そんな感じで自ジャンルのないオタクもここにいます!!という日記でした。

1