ウルヴァリン:SAMURAI

ウルヴァリンシリーズ未見の状態で観賞。
長い上にネタバレ含むので続きから。

いわゆる「トンデモJAPAN」「ニンジャ、サムライ、ハラキリ!」という『ヨッ!待ってました!!!』感否めない、全力なんちゃってジャパニーズマジック映画です。ザ・ニンジャです。
題して〜ウルヴァリンさんのどたばた☆ジャパン旅行記〜 あたりで。

どっから突っ込んだら正解なのか誰にもわからないミステリーゾーン広がる今作ですが、ヒュ〜さまアイドル映画だと思えばなんてことはありません。
パニッシャー(ドルフ・ラングレン版)みたいなものです。(これ多方面に怒られそう)
ていうかもうこれ何百人が言及してるかわかりませんが数割リトルトウキョー殺人課です。
この映画おもしろいなって思った人はもう全員リトルトウキョー殺人課DVDを購入する権利を持ったと言っても過言ではないんですよ!!!!全員観て下さい!!!!!ロサンゼルスノケイサツカンヲフタリモコロスノハヨクナイ!!

冒頭の「矢志田!!早くしろー!!!!」って急かされてるところ、「ヨシダ!!」って聞こえて、えっヨシダ!?「ヨシダハドコダ!?」ってなった人は全員友達。

肝心のストーリーですが、なんか色々あってお休み中のウルヴァリンさん。山で暮らしてたら野蛮なハンターがやってきてお隣さん(グリズリーさん)が毒でやられてぉこ状態、ボコりに行ったら赤髪のなんかすごい人にJAPAN連行されます。
ベアクローみたいなやつ、山、熊って揃った時にウォーズマン!!!!!!って思った。
おじいちゃんのお見舞い、謎のサービスシーン〜お風呂編〜、日本小旅行の流れに突入するわけですが、この辺り面白すぎてどこから触れたらいいのか・・・
アクロバティック剣道シーンのもっと飛んでみそ感スゴイ。ムーンサルト殺法。

わけもなく「あの店に入るぞ!」とか言ってパチスロ屋突撃して押忍番長のパネル写してみたり、秋葉原の広告ガンガン写してみたり(でじこ?の看板で一瞬心折れました)ジャパンなテンション全開です。建物走りまくって追ってくる矢の人(いちいち日本語が妙なカタコトで吹く)アクティブ過ぎ。葬式の時屋根にいるのバレバレな時点でめちゃくちゃおもしろかったけど・・・あと「マリコを 守ると誓います・・」みたいなめっちゃカタコトなつぶやきとか・・面白すぎた・・・

そんでもって秋葉原で追われて走って逃げた結果上野駅に到着したりとか・・・足はや!!!
そのまま上野駅から新幹線乗ってみたら東海道新幹線(下り)だったりとか・・・ え!?
新幹線バトル勃発した結果途中下車するぞ!!って降りて移動したら長崎着!のあたりで胸に爽快な何かが溢れました。あと新幹線だけど途中に踏切あったよね?もうそれ踏切事故大変なことだよ!!新幹線踏切コワイ!
それと新幹線バトル対戦相手のチンピラヤクザが強すぎてしにそうに。この世界のYAKUZAすげぇ・・・ニンジャでもサムライでもミュータントでもない下っ端ヤクザつえぇ・・・あの躍動感一生忘れません。途中に出てきた標識?看板?高架?の「だるま」って文字も一生忘れません。だるま・・・
完全にボーボボのカネマール戦だったからボーボボファンは全員ウルヴァリンSAMURAI観て下さい。

長崎の市営バスみたいな、なんかフツ〜のその辺走ってそうなバスに乗ってうとうとして首がナナメになってるウルヴァリンさんがかわいい。

ウルヴァリンさん「ペラペーラペラペラ…!」
おばちゃん「ノー!!ノー英語!!!わかんない!!!英語NO!!!!
ウルヴァリンさん「(T . T)」
という感じのテンションで流されるウルヴァリンさん。冒頭でも途中でもおばちゃんにたじたじ気味。ちょっとカワイイ。
英語ノー!!って叫んでた受付のおばちゃんがリアル過ぎてヤバイ・・・・いるよねこういうおばちゃん・・・・・
というかラブホに入らざるを得なくなり部屋選ぶ流れで笑いすぎて一度しにました。あれは反則だろ・・・英語で「ナースなんとかオフィス」とか真面目な顔で説明してたところヤバイ。結果惑星探索みたいな部屋選んだのも死ぬ。ロケットガール。

「いいおしりしてるねぇ〜〜」とか言ってたとこ面白すぎてこいつ洋モノでしかヌけなかったクチか!?って楽しくなりました。赤いパンツ穿いていきがってんじゃねーよ☆のあたりの流れ面白過ぎる。赤パン大臣。
「英語喋れや!!!!!!」ってキレるウルヴァリンさん楽しすぎ。翻訳こんにゃくあげたい。

なんかもうストーリーの流れがあやふやで何が何だかって感じなんですが、全編楽しかったです!
長崎満喫してるウルヴァリンさんカワイイ。帯の巻き方違うの直してもらうシーンってラストサムライでもなかったっけ?美人に帯やってもらうの絵になるしいいよな〜。ヒロイン綺麗で好きでした。日本語演技めっちゃ棒やったけど!
私も長崎でりんご食べたい。
あと冒頭長崎シーンの原爆落とすところB29の位置低すぎて吹いた。それ確実に巻き込み食らうやん!

最後の方の露出が増えていくババアとかシルバー・サムライ?とかもう突っ込んだら負けみたいになってる流れも最高です。なんか鎧置いとくのが普通みたいな紹介めっちゃ笑った。頭のなか年中5月5日か???
ロボざむらい戦、こっちだ!みたいな矢の人の声に反応して律儀に後ろ向いてあげてるところで感動した。超やさしい。さすがおじいちゃん。
ヒロイン説得にかかる矢の人の棒読みオンパレードがおもしろすぎた・・・「おれたちのキズナだ!」みたいなやつ・・・・あそこやべぇ・・・
あとなんだっけ・・・数百人ニンジャが冷静に突っ込んでくとこも面白かったなあ。ヒロインお屋敷編の静かに素早く…変わらんな。って感じの忍者暗殺仕事っぷりも良い。アイエエエ!?ニンジャナンデ!?ってぐらいかっこよかった。なんかもっとアホ描写されるもんだとばかり・・・。もう全然忍んでないのも含めてパーフェクト賞。今後は積極的に忍者の末裔名乗っていきたい。
あのへんで007は二度死ぬ思い出しました。あれはなんか全身タイツみたいな感じだったけど・・・もう何がなんだか・・・

見た後すぐ「なんでバイク降りたんや!!!住宅街やからか!!!!」って言ったの面白かった。
この映画は見た後すぐ「なんでや!!!」って人に話したくなる映画なので都合の合う知り合い友人家族がいればぜひご一緒にご鑑賞下さい…これ話せないのは辛い・・・

というわけで、ウルヴァリンシリーズ観たことなくてなんかウルヴァリンさんは不老不死でダメージ回復能力半端なくてウォーズマンのベアクローみたいのあって強いってことしか知らなかった人でも超楽しかったので知らない方も是非!今度ちゃんとウルヴァリン観ます!

0