あの頃のボーボボの話

最近めちゃくちゃボーボボの話題が多くて、再評価路線みたいなことも言われてるけど、ライトめな歴史修正も起きてるんじゃないの的な言及を知ったので、私が記憶している限りの当時のボーボボ界隈n=1感想を書いておきます。

私は土曜日ゴールデンとして放送開始したボニメ第一回をたまたま見て心奪われ、そこから原作も集めだしジャンプ購読者になり全てを救われ、我が永遠の恋人 生まれついての純情派 ボボボーボ・ボーボボよ…という人生を歩んできたのですが、当時の評価は散々なものでした。

まず周りで読んでる人がいない。同世代にも、年上にも年下にも見つけられない。いまでもボーボボネタを容赦なく振れるのは当時からともに読んでいた弟だけです。また、たとえば2chの感想スレでもボーボボについては「評価に値しない」とか「読んでない」とか「ゴミ」とか。私はかなり偏愛的なところがあったので、ここに書くようなジャンプ読者はどう見てるんだろ?くらいの気持ちで感想を漁るも、まず感想自体を見つけられない。
いやわざわざそんなとこ見てたの?と言われるかもしれませんが、当時はSNSもないのでジャンプ感想を書いてるサイトなどを回るか2chのような掲示板を巡るしかなかったんです。別にアンチスレを見てたわけじゃなくて、ただの総合感想スレですよ。ほんとに地道に書き込みを眺めていくも、100件の書き込みで数件あるかなくらい。少なくとも当時のインターネット上の、ボーボボに対する評価はかなり厳しかったです。ただ、それでもわりと連載上位をキープしてる時期もあったので、ネットで感想をしたためる層と実際にアンケはがきを出す層が全く違ったのかなあ。

ちなみにジャンプ早バレスレのボーボボ本スレも存在はしましたが、大抵が頑張って創作した嘘バレで、ごくたまに本バレ(文字)が投稿されても展開が意味不明なため真偽がわからず、実際に発売されてから「いやこれ本バレだったのかよ…」という気持ちになる界隈でした。というかスレッドとして全く機能していませんでした。2chで人気がないので画像バレとかもほぼ投稿されないんですよね。ある意味特異で平和でした。

それでも当時の「週刊少年ジャンプ」作品、少ないながらもボーボボのファンサイトや同人サイト、同人誌などもありました。そこでボーボボが大好きなファンの方の感想を読めたり、たくさんの交流を持てて本当に幸せでした。当時お話してくださった皆さん本当にありがとうございました。

その後時間帯が移動し土曜日の朝放映になったころには、録画したその日のボニメを土曜の夕方まで延々繰り返し見続けVHSが物理的に擦り切れる生活でしたが、思い返せばオナラプップーいいにおーい回でPTAからキレられ、その後次々とスポンサーは消え(ボーボボのカードゲーム出してたK社、ボーボボのゲームやってたH社…)、朝の時間に移動した際一部地域では謎打ち切り最終回が流れ、CMが当たり障りのないものだらけになったころ、番組は静かに終了しました。


令和になってからのボーボボ再評価路線、みんなボーボボのこと褒めてくれるしなんかいろいろグッズも出ていて嬉しいけど、当時みんなどこにいたん!?全員あとからハマった後発組なん!?当時まじでいなかったじゃん!?!??という気持ちもあり、ちょっと面白いです。あのときはネットで情報発信する年齢じゃなかったけど今はSNSで発信してる層とかなんだろうか。ついに時代が追いついたんですか!?全然わかんないわよー!!!!俺だって……わかんねえよ……

あの頃から誰に何を言われてもボーボボが大好きだったけど、今この時代に改めて評価されて、やっぱり澤井先生って神だわ…ありがとうありがとうありが…とう…(成仏したー!!)みたいな気持ちです。澤井先生素敵な作品を生み出してくれてありがとう。最近キバハゲ戦見直したんだけどやっぱり天才だしアンチルールによりウーロン茶をかぶるキバハゲめっちゃ好きなんですよね。

キバハゲ戦は6巻です。(急に宣伝したー!!!)

23