ロッキーVSドラゴ ROCKY IV

やっと見ました!!ドラゴ…俺だ……(以下ネタバレです!)

ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV | culture-ville

『ロッキー4』は生まれ変わった 8/19 全国ロードショー! スタローンが本当に伝えたかった新生『ロッキー』誕生! 42分の未公開シーン×4Kデジタルリマスター ×ワイドスクリーン×5.1chサラウンド で蘇る圧巻の94分! シリーズ最大のヒット作となった『ロッキー4』(米国1985年、日本1986年公開)に監督・脚本・主演を務めたシルベスター・スタローンは、長い間、自分が理想とする作品に作り直したいという想いを持っていたという。コロナ禍で時間が出来たスタローンは、すべての映像に目を通し、未使用シーン、音声トラック、劇伴にいたるまで何百時間もかけ徹底的に見直した。そして、王者ロッキー、元王者アポロ、殺人マシーン・ドラゴらファイターたちの闘いまでの道のりに焦点を当て、物語を再構築。米国での公開35周年を迎えた2020年に、新作といっても過言でない新たな「ロッキー」を誕生させた。

上記のサイトがめちゃくちゃダサくて心に不安を覚えるのはそうなんですが、それは一旦置いておいてロッキーVSドラゴです。スタローンからのハッピーなプレゼント。スタローンありがとう…最高…

1985年に製作されたシルベスター・スタローン監督・脚本・主演のヒット作で、「クリード 炎の宿敵」の前日譚としても人気の「ロッキー4 炎の友情」を、スタローンが自ら再構築した再編集特別版。

https://eiga.com/movie/97488/

ということで、何やら42分くらいの初公開シーンを含めて再構築された本作。円盤にならないみたいな話なので、とりあえず見た後にそのまま帰宅し元のロッキー4を大まかにチェック。OPから全然違うな!ていうかほとんど違うな!!あのキン肉マンVSテリーマン秘密の対戦みたいなやつもなくなってた。3からの流れでもっぺん入れてたやつ。

主な変更点

  • ロボット全カット
  • タオルシーンカット変更
  • ドラゴの自分自身への想いの描き方変更
  • アポロの奥さんシーン大量追加
  • 窓から見つめるエイドリアンの前カット追加
  • ロッキー子供のシーンわりとカット
  • ソ連政府関連演出変更

ぱっと思いついただけでも多いな。

ロボット全カット

これは以前からスタローン自身が言ってましたが「あれはちょっとアレだから全部カットしたい」の話通り全カットされていました。マジで全カット……私あの謎ロボット全然意味わかんなくて好きだけど、まあスタローンが取りたいというならそれはそれで感…(話の根幹に関わってくるアイテムではないので)。

タオルシーンカット変更

ロッキーが投げ込むの遅かったせいやろ!感がかなり減ったカット割りに変更。タオル掴む→ほぼ同時くらいの瞬間にアポロが殴られその場に倒れ込む…という編集に。

ドラゴの自分自身への想いの描き方変更

これはかなり印象が強い変更でした。俺はドラゴだ!ドラゴの名前を世界に広める!と強く自分の名前を連呼することで、「国のために戦う」のではなく「自分のために戦う」ことをアポロ戦直後に宣言するドラゴ。そしてそのドラゴを白い目で見るソ連の偉い人。俺は”ソ連”じゃない、俺は”ドラゴ”だ。ドラゴは自分が自分であるために戦っていたんだなって…この辺りの変更はクリード2にもつながってる感じ。
あとファン目線的にはドルフほんと絶望的にセリフないのに(失礼なオタク)こんなバージョンもちゃんと撮ってたんだな…となってよかったです。I Must Break You.大好き。死ぬやつは死ぬも好き。

アポロの奥さんシーン大量追加

試合前、試合中、葬儀等々かなり未公開カットが追加される仕様に。確かにその後のクリードでもめっちゃ出てくるしかっこいいママなので良い変更だと思います。ママのお子さん二人のカットもあったけど、クリードで出てきたっけ?記憶があやふや…

窓から見つめるエイドリアンの前カット追加

ここ、旧版だと「エイドリアン窓から見てるやん。なんもまともに話さないで行くんか?ソ連…」という感じになっておりロッキーさん…って感じだったんですが、新編集版だとエイドリアンが出かける直前のロッキーを引き止めたりそれに対しての夫婦の会話シーンなどが追加されていて自然な感じになっていました。前のバージョンだとエイドリアンがなんか不安定な人に見えるし、ロッキーはロッキーで刑務所行きかな?みたいな顔してるしでアレだったのでよかったです。

ロッキー子供のシーンわりとカット

夫婦で子供を育てているはずなんですが、ロボットシーンを強制全カットしたことにより子供の登場シーンがほぼなくなりました。宿題やりなさいとママが部屋へ戻るよう指示するシーンと、ロッキーが「人生で大事なのは自分らしく生きることだ」的な話をベッドで息子に伝えるシーンしかなく、ついでにいうとロボット関連はスタローンが全部カットした為に自宅から試合を見る息子のシーンオールカット&かつ父から子へのメリークリスマス愛してるよ息子!発言も全てなくなり「この夫婦………息子二の次すぎんか…?」という感じの印象に。いやバルボア夫婦は前からそうですが…(失礼)ママ、単独でソ連乗り込むし…息子は……まあそらデカくなったらカナダに移住するわなみたいな…まあ…息子ドンマイ……

ソ連政府関連演出変更

俺も変われるなら皆も変われる!それは国家もそう、変われる…!的なテイストだった編集前から、生まれる国は選べないし国家の骨組みはそうすぐに変わらないかもしれないけれど、それでも人は変われる…的なアレに。ソ連高官たちの拍手シーンが全カットされており、以前と印象が全く違います。ここ、ゴルバチョフ書記長そっくりさんが試合内容に対して怒ってすぐに席立って帰る版とかわざわざ撮ってたんだなぁ。
この辺は難しいけど、スタローンが長い年月を過ごして「すぐに変われないものもある」と気づいて変更したのかな。ちょっと色んな意味でリアルタイム性がありすぎるシーン。1985年の映画だけど。

そしてこの辺りのシーンで一番好きなのは、ロッキーとドラゴがお互いを労うシーンが新規追加されたこと。編集前はアメリカ国旗背景にロッキーの笑顔で終わってたので…強くドラゴの人間性に触れてて好きだな。クリード2の影響が強そうな変更。


というわけで、大まかな変更シーンをばーっと書きましたが私が一番好きな変更点は!!!!!モスクワでの試合時のドラゴの登場シーンです!!!!!!!!!

暗闇にぼやっと現れる逆三角形シルエットなドラゴの登場シーン。このシーン自体は編集前版の4にも存在しますが、2カットでごく短時間だったものが3カット入る上に割とロングで見せるシーンに変更されており、これスタローンお前編集時に映像みて「ウオオここの逆三角形良いじゃん!もっと長めに入れたろ!!」ってなったでしょ!!!!!!という感じで最高です。

ドルフ・ラングレンって美しいんですよ。このシルエット、ドルフ・ラングレンの美しさがめちゃくちゃ出てて…袖がね…めっちゃ太めで…美しすぎる逆三角形。本当にBGMも含めて最高のシーンで…ほんとによかったです。最高。
思わず「こんなに美しいドルフ・ラングレンがなんでこの後9割クソ映画にしか出ないんや…」って過去に見たありとあらゆるドルフ映画(だいたい面白くない)が頭の中を駆け巡ったレベルにはよかったです。マジでおもんないねん…

ドルフ映画これからも見るよ。ここ最近ちょっと見るのお休みしてたけど再開しよう…と思える程度にはほんとーーーーーに美しさ4K映像がよかった。まあ、本人※も言うようにほとんど面白くないけど……(※ドルフ本人が過去に「俺の出てる映画で面白いのは数本しかない」と発言)

あとなんか書いてないことあったかな…アポロのシーンはめっちゃ増えてたな。アポロとロッキーは本当に強い友情で結ばれてたんだな…って感じられてよかったし、弔辞シーンらへんも色々変更されてて変更後のほうが好き。あと車でかっ飛ばしてる間の思い出回想やJKシーン(※アポロとロッキーが海でキャッキャウフフしてるシーンのことです)がモノクロになってたな。
それと多分ドラゴの奥さんがペラペラ喋るシーンがだいたいなくなってる気がする。エイドリアンが色々心配で口を挟むシーンが増えてるので、ドラゴの妻が薄っぺらくなってて対比できるつくりに。ドラゴ妻がソ連高官のオッサンのたばこスパーってするシーンは残ってたけどここほんと最悪で好き。

そうそう!ロッキーがアポロの葬儀でボロボロに泣くのは、前のバージョンもいいけど(急なこと過ぎて心が追いついてない感じで)、こっちも好きだな。彼はロッキーだから…
「彼がチャンスをくれた」、そうよねロッキー……!(ロッキーの親戚かな?)


ロッキー4、好きな映画だけど私の中で「大好きな映画」ではなくて、米国プロパガンダ色が強すぎるとこがあんまり好きじゃなかったんですが(ドラゴは生まれ育った国を選ぶことができないのに一方的なところが)、その辺りの色を落としてドラゴにもフューチャーされた再編集版で「いいじゃん…」となりました。試合が終わった後ちょっとあっさりしすぎな感じもしますがまあ…そこはクリード2を見て脳内補完しようかな。
まあ何を言ったところで見るときには最初から最後までずっと号泣していたのですが……(こいついつも泣いてんな)

とにかくドルフ・ラングレン演じるイワン・ドラゴが本当に美しいので見てください。よろしくお願いします!!!!!!!!

4