インターセプターの助手席に乗ろう。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」極上爆音上映レビュー

マッドマックス映画チケット
噂の立川シネマ・ツーのマッドマックス極上爆音上映に行ってきました!!!!!!

爆音上映は前から音がドカーン!という感じだよと聞き、じゃあせっかくだし…と最前列を選択(B列が1列目)。舞台挨拶付きでもないのに映画館で最前列を選んだのは初めてです。
そんな一見首が爆発しそうな1列目がどうだったのかというと完全に最高でマッドな席だったのでレビューを書きます!!!!

!以下軽い本編ネタバレ含みます!

インターセプターの助手席に乗車できる

開始してすぐに流れるマックスの台詞(簡易自己紹介の辺り)ではわりと普通に聞こえるので、お?爆音ってこんなかんじか?わりとフツー?などと思っていたのもつかの間。
バキ!(踏みつけ)もしゃもしゃ・・(食事風景)バサッ!(荷物拾って)バタン!ぼこん!(投げてドア閉めて)・・・・
ドルルルッルウン!!!!!!!!!

乗車感

圧倒的乗車感。

完全に助手席です。思わずシートベルトしめました。
というか、普通に車乗ってエンジンかけたときってハイブリット車とか最近のエコカーじゃない古いやつはこんなかんじで揺れるよな…みたいな感じです。常に震度1、たまに2、ごくまれに3。
おっ乗ってる乗ってる!マックス元気?!感が味わえます。マックスー!俺だー!助手席のせてくれー!民の皆さんは迷わずGO!!!
この後のあらゆるシーンでも素晴らしい爆音に感動するんですけど、私が一番ウワーーーー!!!!!となったのは最初のこのシーンです。“衝撃が走る”という日本語はこの瞬間のために生まれたんだと思います。空気と自分の尻が震える衝撃がそこにあります。

ちなみに具体的な振動エリアは図にある通り背中・腰あたりから尻にかけてです。このへんについてる肉という肉がすごいプルプルします。4DXではない映画館で、音の振動のみでこんなにビリビリするとは思いませんでした。でも耳に痛いとか、頭が痛くなるとか、そういう爆音じゃない心地よい爆音だから不思議です。
詳細な仕組みとか普段の音の違いとか全然わからない人間なんですが、これは完全に人類最高の体験といっても過言ではありません。ありがとう立川……

水を求める民を体験

その後ももちろん圧倒的極上爆音上映で物語が展開されていきますが、ジョー様を信仰して約1ヶ月の私としては外せないこのシーン。そう、ジョー様野外放水ショーです。
mizu09
目の前に広がるジョー様演説。そして両手ガッシャーーンからの放水ショー!完全に下で頑張っている人たちの一員です。音の臨場感がものすごいので、これ手伸ばせばジョー様の水完全に浴びるやつじゃん・・・・・という感じです。もはや手元では無意識にV8ポーズです。
いや本当にすごいんですよ・・・最前列なので首はかなり上を向くことにはなるんですが、見上げればジョー様、手を伸ばせば恵みの水という環境が立川に存在します。
ちなみに最前列感想ですが、思っていたより画面が観やすいです。眼の悪い人はメガネよりコンタクトがいいかも?というくらいで、さすがにマッドマックス1発目としてはオススメできませんが、観賞回数V8を目指すぜ!といったマッドマックス中毒の皆様、どうしても忘れられなくてもう一回!いや二回行きたい!とそわそわしている皆様!あなたのために極上爆音上映が存在します。まだやっています。観に行ってください。

“爆音”だけじゃない“極上の体験”

他にもあらゆる素晴らしいシーンでその音の美しさを体感できるのですが(太鼓とか太鼓とか太鼓とか太鼓とか太鼓とかギターとか)、そういったドンドコドンドドン!シーン以外でも、聞きどころばかりです。
比較的静かなシーンに響き渡る切ない音、風がふきつける音、大きなやさしさに包まれた声、悲しみに打ちひしがれる声…それでも立ち上がり、大地を踏みしめる音。映画を彩る、あらゆる音が生きたまま耳に届きます。他の映画館では気づけなかった、細かな音をひとつひとつ聞き取ることができます。おちついて感触を確かめながら、丁寧に小石を拾っていくような感覚です。
語彙がなさすぎてなんと伝えればいいのかもはや分からないんですが、とにかく可能な限りいろんな方に立川に行って欲しい!!!そういう感じです!!よろしくお願いします!!!爆音最高!!!

爆音上映最前列をオススメできる条件

  • マッドマックス 怒りのデス・ロードを最低1度は観ている
  • インターセプターに乗りたい
  • ジョー様放水ショーに最前列で参加したい
  • マッドマックスを更に深く体感したい

以上の条件を満たした皆様はぜひ爆音上映最前列をご堪能ください!!!!
レッツ・マッドマックス!ゴー・デスロード!!

0

Googleトレンドと和平

「Googleトレンド」というサービスがあります。
そのワードが話題になったのはいつなのか、世界中でどれくらい言及されているのか、いわゆるビッグデータ云々マーケティングなんちゃらなサービスです。
せっかくだし和平がどれくらい世界で話題沸騰してるか気になって調べてみました。
K社のマーケティング担当者かな?(※全く関係ないです)

「和平」「カズ(kaz)」「Miller」等の表記でも調べたかったのですが、この辺はMGSの和平とは関係ないワードが99%を占めており、データとしては利用できなかったため排除しています。
ちなみに和平と最も言及している国は中国です。母数が違います…

Googleトレンド(kazuhira・カズヒラ)

これがそのデータです。googleさん便利ですね!サンキュー愛国者達!(不穏なワード)
というわけでこのデータから読み取れることをいくつか挙げてみます。

2011年5月 MGSPW発売(日本)

カズヒラという言葉が爆発的に言及されています。MGSPW発売直後です。どうプレイしようとも絶対に和平の無線を避けて通ることの出来ないPWならではの結果だと思います。
この時期、杉田さんによる「カズラジ。」も話題になっていたので、その効果もあるでしょう。なーな!なーな!コールとか…ものすごい遠い出来事のような気がしてきます。
6・7月頃に「kazuhira」というワードが小さな盛り上がりを見せています。海外でもPWが発売されたからだと推測されます。たしか発売が少し時期がずれた国があったような…(うろおぼえ)
全然関係ないですけど海外ファンってカズラジ。とかヒデラジ。とかどう思ってるんだろう…日本語リスニングできる超人が翻訳したりしてるのかな?

2013年6月 MGSV:TPPトレーラー公開(全世界同時公開)

はじめデータを見たときに、なんでこの時期に「kazuhira」のワードが盛り上がってるんだ…?と思ったのですが、そりゃ、新作MGS!トレーラー!きたぞー!!!腕!!!!!!!みたいな感じになりますよね。脚!!?!??みたいな…
PWは携帯機であまり海外では売り上げが良くなかったみたいなので、据え置き機でだけゲームをしている層が「ええ・・なんかもげてるけどこのkazuhiraって誰だよ・・マジなんでもげてんの?why?」となった可能性も高いです。海外のたくさんの人がkazuhiraってタイピングしたと思うと緊張しますね(?)

2014年3月 MGSV:GZs発売

和平もバリバリ出番のあるGZsが発売されました。
GZsの海外版パッケージから削除された和平ですが、本編での出番は変わりません。言及されててよかった和平。うっかりネタになってよかったかもしれない和平。(ポジティブ)

2015年6月 新たなMGSV:TPPトレーラー公開!

2年前の盛り上がりと理由は同じでしょう。トレーラー内でも、和平も重要なキャラクターであることが示されています。

というか本当にオチもクソもない記事なんですけど、このワードがこういったMGS関連イベントと共に盛り上がっているのを見ると、いま全世界的に知られている一番有名なカズヒラさんは和平ということになりますね!和平!世界の和平!!義手付けないの和平!!!!ロケットパンチ!!!!!(明夫ナレ動画観ました)

0

マッドマックス 怒りのデス・ロード(ネタバレなし)

なんか本格的にヤバイぜ!という情報から、HIDEOの熱い推し加減、そしてこないだBSでマッドマックス2を見たのも合わさってついに観ました。
「よっしゃ!私も全力でIQ下げに行くぜ!!」と劇場に足を運んだ結果、ボロボロに泣きながらエンドロールを迎えたので、ブログを書こうと思います。
<まだ観てない人向けにオススメしたかったので、具体的なネタバレはありません。>

まずマッドマックス2をみた時の感想って「なんだかかわいい映画だな」という印象だったんですが、その「かわいさ」をそのまま30年ぶりにブチ撒けて、尚且つちょっとだけ違う視点と心情(主にジョージ・ミラー監督の変化)が加わって、今回のマッドマックス怒りのデス・ロードが誕生したのかな?みたいな…最初ぐらいカッコつけた文章を書きたかったんですが完全に頭の悪いテキストです。
マッドマックス2の話から入りましたが、他を観ずに行っても全然OKです。なんかしらんけどめっちゃヒャッハーしてるらしい、70歳の監督が撮ったらしい、くらいの基礎知識で大丈夫です!冒頭で超わかりやすい説明があります。コナン映画みたいなものです。
そして映画のどこが最高って言われても、OPから現状の説明、主なキャラクター紹介、説明のいらない展開。超豪速球なストレートで投げ込まれてくる視覚的なインパクトはもちろんですが、それも「演出やアクションはすごいけど…」「キャラクターは濃いけど…」とはならずどちらも常に爆発大炎上しているので「うわ!!なんやこれ」「あーあーあーーうわああああああ!!!?」「ア゛ーーーーー!!!!」「うおっすっげ・・・えっ!?すっg・!・ああ・?!?・!!1?」という感じで休む暇がありません。私はポップコーン買って行きましたが、ある意味食べる暇ないような…
そして今頑張って展開思い出そうとしてるんですけど、自分の記憶力が酷いのもありますがそれより「なんかめちゃくちゃ凄かったと思うんだけど全部すごかったから“ここを軸にこうすごかった!”みたいな説明ができなくてテキストにならない」という問題とブチあたっています。どこがすごかったの/何が凄かったの、っておまえそんな細かいことはいいからはやく終わる前に映画館に走って!早く!ほんとに!いま2015年だよ!?マッドマックス怒りのデスロードが公開された2015年に生きてるのにこれ観ないって本当にどうした!!???もう私のことは忘れてこんなテキストとはいますぐ別れを告げて最短で映画館に行って!!静かに素早く上映スケジュール確認して!!!という感じです。

じゃあドッカンバリバリでなんかすごいからとにかく頭空っぽにしていけばいいのね?というまとめに入りたいんですが、それがそうでもありません。
まだ見たばかりで興奮してて他の人のマッドマックスレビューとか読んでないのでなんとも言えないんですけど、この映画って皆泣きますよね・・?泣かない・・?泣くよね・・・?私は泣きました。
べつに展開的に「ここです!!今です!!マッド泣き!!ホラ!はやく!涙のデス・ロード!!!!」って推してくる部分ないんですよ、いやあるっちゃあるんですけどそういうアレじゃなくて、絶対泣けます!感動しましたあ!って23歳くらいのおねえさんがマイクに答えたりはしないんです、なのに、なんか全然関係ないシーンとか、キャラクターが歩いているだけのシーンとか、もはや炎が噴射するギターを観て涙が出るんです。我ながら理由がわからず困惑しつつ泣きながらポップコーンを食べてました。映しだされる画面に飛び交う砂嵐。ヒャッハーめいた風貌から繰り出される数々の力強い生き様。これだけ書くとただ単に私の頭が世紀末なだけな気もしてきました。でももうもはやそんなことはどうでもよくて、理由はなんであれ涙が出たということは心が揺さぶられたということです。まだ観てない人に!とにかく観て欲しい!これから夏休み映画始まるから!ターミネーターとかアベンジャーズとか恐竜とか!そしたらきっと上映減っていくから!今しかない!頼むから観て!!!!!というテキストでした。

なんか勢いで書きましたけどこの映画本当にすごくないですか?あのキャラもこのキャラもそこで生きてるんですよ…若いお兄さんもお姉さんもおじさんもババアもジジイも全力で走り抜けます。なんか地に足つけて…砂埃にまみれて目にゴミ入りながらも地面蹴ってるんですよ、人も蹴ってるし、アクセルも踏んでて…あとなんか太鼓の達人もしてて…ここまですさまじい生を魅せつけられて、ジョージ・ミラー監督(70)とHIDEOの笑顔のツーショット見せられて、てめえ畜生生きてやる、生きてやるぞ!!!!みたいな、なんかこう、ジョージ、見てろよ!!感があるんです。いやあるんですって何があるんだよ・・何かいてんだよ・・・ていうかベイブとハッピーフィート撮ってこれってミラー監督の頭世紀末どころかミレニアム迎えすぎだろ・・

さて、我ながらもうよくわからないんですけど、ここまで読んでしまった皆様はぜひ以下に記載するアイテムを持って映画館に行ってください。よろしくお願いします。

マッドマックス怒りのデス・ロードを見るときに必要なもの

  • 手に汗握る時用のハンカチや手ぬぐい
  • 見た後に買うパンフレット代(900円)
  • チャージ済みのICカード(安全に帰宅するために公共機関をご利用ください)

これだけです!
関係無いですが映画みたあと売店に並んだら、前のお兄さんも後ろのお姉さんもマッドマックスのパンフ購入してて笑いました。
あと私は平日昼間のIMAXをキメましたが、余裕で満席だったので事前のご予約をおすすめします。ネット予約ばんざい!
レッツ・マッドマックス!ゴー・デスロード!!!!

0