個人への投げ銭文化がもっと根付いてほしいメモ

タイトルそのままのメモです。オタクがオタクへ気軽に少額のお金をぽいっと渡せるようになってほしい!
「投げ銭」って名称が良いとは思っていないんですが、他に呼び方が分からない。サポート?ギフト?

今回想定しているのは、たとえばサイトだったりSNSだったりで「この人なんか好きなんだよな〜この1,000円をうまいもん食う足しにしてくれ!!」とか「500円チケット送るからスタバで好きなドリンク飲んでくれ〜」みたいなレベル感です。
また、ここでは有料のコンテンツを販売しているパターンではなく、無償のコンテンツを公開しているユーザーに対しての投げ銭のイメージです。

ぱっと思いつくサービス

こう見ると結構ありますね。人の観測範囲にもよると思いますが、実際に同人界隈でよく見るのはBOOTHのブースト機能、Amazonあたりでしょうか。同人界隈から外れるとnoteもよく見る。OFUSEもSNSとかだと多いのかな?

二次創作問題

「二次創作者がやるのはどうなの(利益目的の創作活動なのか?)」という問題が出てくると思うんですが、これも程度問題であって、実際は入ってもせいぜい数百〜数千円、良くてサーバー代になりますみたいなものだと思うんですよね…同人誌即売会に参加したときの差し入れとしてのお菓子のようなイメージで。金額缶ジュース代みたいな。

ただ流行ジャンルだったり世の中の最前線を把握していないので分からないんですが、ものすごい固定ファンを抱える人がこれを始めると「二次創作でメシを食う」みたいなパターンが登場して批判の対象になったりするんでしょうか。まあ過去を見渡せば年2回のコミケの売上が生活費というような同人サークルも存在するだろと言われたら何も言えませんが…
あと「二次創作に対しての投げ銭は一律でNG」という意見が通る場合はBOOTHのboost機能なんて一番アウトになるのでは…という気持ちもあり…この点については「二次創作の作品に対して払っているのではなくユーザー(描き手)に払っているのでOK」みたいな話もありますが。

結局、この辺のしがらみだったり、同人の歴史を考えた時のいわゆる「同人誌の頒布でお金をいただくのは印刷代に対しての対価なのでセーフ」理論を尊重するのであれば、『制作物ではなくユーザー(制作者個人)に応援や感謝の気持ちを伝えるサービスのため一次創作者でなくとも登録可能』と明言しているOFUSEあたりが一番気持ち的には参加しやすいサービスでしょうか。
ただこれSNSのようなサイトのつくりになっていて、SNSから離れたい私のような個人サイトユーザー的には一瞬怯むんですが(精神弱っ)、数記事だけ書いてあとはこっち見て〜という感じでサイトに誘導してる方もいますね。

インターネットとお金

あとは長いインターネットを生きていると「ネット乞食」みたいなワードが存在することを自然と把握しており、上記に書いたようなもの(少額をなんかの足しにして元気に過ごしてくれ程度の投げ銭)への普及をなんとなく妨げているのは理解できます。気持ち的に。「こいつ結局金ほしいのかよ」みたいな…違うんだよ数百円の気軽な投げ銭くらいさせてくれよ!遠くにいるインターネットでしか関わらないと思われるナイスな人に1,000円投げてちょっといい肉食いなよくらいのやつをしたいんだよ!!

でも結局上記のような雰囲気だったり空気だったり「なんかな…」みたいな感じで少額の投げ銭が定着・普及していないイメージがあります。もし普及してる界隈があったら教えて…
なんかあったんですよね、おそらく2000年代からあると思うんですが「ネットでお金を稼ぐのは悪」という風潮が…それがたとえ数百円、数千円の超少額であっても同様で、ボロクソにぶっ叩かれるみたいな空気が。2022年の今はだいぶ変わってきてると思いますが…
多分お金を稼ぎたいがためにページに画像を無断転載して掲載してるとかのマナー違反な存在があって、そういう存在とそういうんじゃない普通の人も全部一緒くたに「金稼ごうとしてる!悪!!」みたいなイメージがあったんじゃないかと…「投げ銭ボタン設置してる!悪!」「アフィリエイトやってる!悪!」という。

インターネットがある現代、同人誌をゲットするために郵便局で定額小為替を買っていたあの頃と比べればもちろんずっとデジタルな送金が可能になっているのですが、あと一歩、サイトいけばどこの人も投げ銭リンクは普通に置いてるよねくらいの感じにならないかなーーと思っています。
全員設置しろ!!!ということではなく、置いてあっても全然普通な感じになってほしい。一時のWEB拍手くらい「おっ!ここも置いてるな!」みたいになってほしい。海外だと昔から割と気軽にドネーションボタンが置いてあるのよく見たんですが、日本はまじで全く見たことない気がする。

というわけで設置しました

でもこれは誰かがやってないとやりにくいな?よし、やったろ!ということで先陣を切ってページを作りました。これから設置する人は「だってこいつもやってたもん!!!!」という感じでこの記事や私をガンガン犠牲にしてください。唐突にOFUSE設置するのはちょっと…という場合はぜひこの記事載せた上でOFUSE設置したよ〜とか言ってください。雰囲気変えてこ!!

Webサービス色々あるので、とりあえずアマゾンギフト券先輩とOFUSEさんを設置してみました。私が投げ銭する時はできたら匿名で投げたいので、匿名投稿ができるやつで。

文章が「あっ我々と同じオタクだ…!」という感じでいいですよね。謎の安心感。俺たちはオタクだ。

というわけで日本のインターネットでももっと気軽に投げ銭文化が広まると良いなあという記事でした。みんな設置してくれ!!!!!私が投げ銭したいから!!!!!!

25