昭和59年の真実(TPPネタバレ)

端書き

9月2日の発売から今日に至るまでだいたい毎日やっておりますが、未だ達成率62%であり、GMP赤字経営であり、全OPS出現していません。おそらく主要なストーリームービーは見ているはずですが、条件が分からず抜けている部分も多々あることをお伝えします。また、以下のテキストにはEDを含む、数多くのネタバレが記載されています。
未だ頭の中で消化しきれていないので、少しでも消化するために書きます。後今更ですが完全に和平寄りです。


物語

2009年のTGSステージにてHIDEO監督が「ミラーは僕にとって大切なキャラクターです」とおっしゃっていた意味をこういった形で痛感するとは思いませんでした。
そこにはたしかに包み隠すこともできない、もはや覆い隠すための腕もない彼の、和平の物語がありました。

「赤く染まったスペルミス機能付きPS4とMGSV:TPPがやってきたぞ!さあ消されたMSFエンブレムワッペンと架空の武器を持て。延期されたMGO3を投げ捨て俺とお前で悪・即・斬!殴り合いだ!全面戦争だ!お別れ大戦争!!!」と騒ぎ立てる私の顔面に「うるせえ!!!!!!!!」と容赦なくハニービーが撃ち込まれました。ある意味大戦争です。血の流れない戦い。いや腕と足もげましたけど。現代の冷戦です。容赦なく示される数々の情報に惑わされ、心臓をナイフでひと突き。気付けばK社の戦渦に巻き込まれていました。話を戻します。

和平が高校生だったころ、偽りを生きる好敵手が成人を迎えたころ、ひとつの命がこの世界から消えたころ。私は彼ではないのでわかりませんが、きっとその時既にもうひとつの命も死んでいて、それでも肉体は死んでいないし呼吸もしているからと、鼓動も聞こえ大地を踏みしめているからと、そういった理由でこの世に生きているのだと認識された人が、BIGBOSSの称号を得ました。

和平はその人のことを生きていると認識して、世界の99.9%の人がそう思っていると思いますが、会話をして/一緒に食事をして/殴り合って/激怒もして/時には笑いあって/共に夕陽を見て/かつては命のやりとりもして/年月が積み重なり腕と足とすべての光をも彼に捧げたわけですが、その腕と足と光は死人にむけての花束となりました。
墓石の前にはどんな美しい花を置いても/お線香をあげても/手を合わせても/想いを伝えても/涙を流しても/死人からの返事はありません。そこに彼はいません。ファントムペインは私にとって・和平にとって、そういう話だったと受け取りました。

死はすべての生物に平等だと言いますが、その中に伝説の英雄は含まれるのでしょうか。

和平の物語

こんなに描かれるとは思っていませんでした。現実時間では6年前まで、死後3日経ってると、無線がオフにされていたからとネタにされていた男です。ここまで細かく丁寧に掘り下げてもらって、やさしく丁重に扱ってもらって、想いを込めてもらえるなんて。何の不満もありません。おじいちゃんの伏線のようなものが投げっぱなしジャーマンな部分もありますが、この奇跡を考えれば小さなことです。切り替えるしかありません。パワプロプレイ中に今は亡き広島市民球場でソロHRを被弾したみたいなものです。彼らが遺した二度と語られることのない永遠の空白は、自分で埋めるしかないのです。
~そして二次創作へ~

ただちょっと細かすぎる部分もあり、具体的に何かと言えば和平救出任務なんですけど、和平見つけて背負ってランディングゾーンに向かう途中和平をその辺に置き去りにしてそれを兵士が見つけたときの台詞とか3種類もあるんですよ。昨日やって完全に目が死んだのでここには書きません。皆さんやってください(巻き込み事故)。
ただその台詞で、和平が真実にたどり着いたのはいつなのか、最低でもここより後である等推測できるようになっていて、細かいです。HIDEO作品は細かくたどれば作中の情報だけで組み立てができるようにつくられているので探し甲斐があります。PWの時だと和平の年齢や自衛隊入隊年の話がわかりやすいですね(実際にあったバス事故の年月日から計算できるようになっています)。ありがとうHIDEO…

失明

イヤホンをつけたまま「え゛?」と声を出し、気付いたときには床に頭を打ち付けていました。よく考えなくても現代人とは思えぬ姿でした。ご理解ください。

パスのテープ

私はこのためにフルプライスを支払ったんだと思いました。水樹奈々さんのすっきりした声で安心しました。私がパスちゃんのことを忘れないので、彼女はずっと生きています。元気に笑っています。テープ聴いてから数時間ずっと泣いてて新手の呪いかと思いました。ありがとうございました。

ストレンジラブ

彼女が母親になっていて嬉しかったです。それ以外の感想書くと精神が即死するのでかくのやめます。

和平の悪口を言うマザーベーススタッフ

すべてを海に沈める

赤字

こちらをご覧ください(私のTPPプレイスタイルを描いてもらいました!!!!)やったぜ。


いやでもみんななんで赤字じゃないの!?あれもこれも開発したいしいまGMP6000円とかですよ!じわじわと大学生の財布の中身かな?みたくなっていきます。でもD-WALKER乗りたいんです。この気持ちは抑止できない!!!(CV杉田さん)

“最後の瞬間はあなたたちのもの”

Here’s to you, Nicola and Bart
Rest forever here in our hearts
The last and final moment is yours
That agony is your triumph

(”Here’s to You” was written by Morricone, Ennio / Baez, Joan / Migliacci, Francesco Franco / Miti, Gianfranco. より引用)

今私が知る範囲では、残酷ですが和平の最後の瞬間は「和平のもの」ではなかったと思います。
その事実は覆らないのでもうどうにもできませんが、それでも喪った和平が持てる限りのすべてを注いだデイビッドが最後の瞬間を自分のものにできたことに救いを求めるしかありません。ありがとうメシア(過剰な信仰)

距離近っ

その1の感想:どんだけ顔近いねんw→俺はもう目が見えない→あっ…(あの時既にかなりの視力を失っておりその後光をすべて喪うことになるであろうことは予測出来たはずなのにその計り知れない恐怖さえも自分の内に閉じ込め今できることを何もかもBIGBOSSに捧げた和平だ…)(絶命)

その2の感想:えぇ………(二人はバイクのそばで葉巻の火を付けて終了)

お守りと和平(創作ネタ)

お守りを池ポチャした運命を呪う少年兵(語弊のある表現)の意地悪を乗り越えお守りを拾ってくれたクワイエットちゃん。クワイエットちゃんの行動自体がなによりも伝わることばになっていてすごく好きなんですが、ここでの和平のお守りに対しての意識を考えました。
日本で生まれ育った和平は、いわゆる普通のお守り(神社で売ってるやつ)を持っていたと思うんです。それが彼の中の“普通”。お母さんは渡米する息子のカバンにお守りをそっと忍ばせます。いざアメリカに行って、英語を習って、大学に通っているうちに、母が入れたお守りが恥ずかしいなとか、なんでこんなもの入れたんだここはアメリカなのに、なんて思い始める(反抗期かよ)。そんなある日和平はキャンパスメイトに聞いてみる。お守り持ってる?お守りはどうしてる?捨てるときは?神社はないから教会?そこで衝撃的な事実を知る。「お守り?ものにもよるけど、処分するときはゴミ箱に捨てるよ」。えっ!?お守りをゴミ箱に!?そんなことしたら“バチが当たる”…と気付いたところでああ、自分は日本人なんだ、と気付く。日本に居場所はなかったけれど、アメリカ人ではなかった。戸籍はとれなくても、骨の髄まで日本人だった。ずっと違うと強く言い聞かせることで生きてきたのに、アメリカの地でその事実を知ってしまう。でも大学にいるときはそのことに気付きたくなくて無意識に話を合わせる。日本のお守りを握りしめて。母語である日本語を封印して、必死に勉強した英語を話しながら。
卒業後、帰国して自分の名前を母に伝えたとき、その事にはっきりと気付く。俺は日本人だ。この小さな日本人の息子だったんだ。髪も目も、他の奴とは違う。それでも日本人だったんだ。
…というところまで想像しました。みなさんこのプロットで漫画かいてください。フリープロットです(?)いつもこういうこと考えてる気がします。クリスタに自動漫画制作機能つけてくれ!!

ふたりのBIGBOSS

この話かなり書きづらいというか、みなさん書きづらいと思いますけど、私は和平派閥なので、ネイキッドなんだコノヤロー!てめえバカヤロウ!ワーーー!!!と振り切ってしまいました。だって和平は本当に信じていたんですよ……そのとき和平を救い出してくれたのはヴェノムおじさんだった……完全にヴェノムおじさんが好きになりました。というかネイキッド側は語られてないので、今振られてる分で解釈するとえらいキャラクターになってしまうんですよね。えらいキャラになったんやぞ(=悪に堕ちた)という直球解釈で良いのかな。この部分は永遠の空白により埋めることは不可能ですが…(突然の闇)
ゲームのつくりとしては核開発してるのも/人をさらってるのも/世界にケンカを売ってるのも/すべてお前だぞ・お前の名前に語りかけているぞというかたちになっていましたが、ヴェノムくんはヴェノムくんだし、私はわたしです。ヴェノムおじさんは悪いことしてない!核開発してるのは私よ!みたいな…何を言ってるんだ…あとお金ないので核開発とかできてません。そういえばこないだオセちゃんにダイヤモンドドッグズの評判が上々だから核持ってるPFにも潜入できるぞ、核の抑止力に守られていたやつらに一泡吹かせてやれみたいなこといわれたんですけどもう核って何だよ…おまえなにいってんだよ…ってなりました。核開発ができるようになりました!→OKって選択肢しかないのもうある意味恒例ですけどしにそうになりませんか?毎回すごいダメージ食らいます。和平の嫌いなところは核を猫拾うテンションで拾ってきたところです。話がそれました。
とにかくヴェノムおじさんはパスちゃんのアレをめちゃくちゃ後悔してるってことは、他の人が言うみたいに過去のこと忘れたりしてないんですよね。あの爆発以前のことを憶えている。すんなりは話せないかもしれないけど、すぐに思い出せはしないかもだけど、忘れられない。忘れることが出来ない。記憶を持っている。助けられなかった記憶も、パスちゃんと仲の良い兵士の一人だったことも、スネーク、和平と一緒に写真を撮ったことも。もしあの場面で気付いていれば。もしあの診察でもう一つの爆弾に気付いていれば。GZsをプレイしたプレイヤーは、パスの内臓をあと少ししか生きられないくらい取り除いたりしたとかなんだとスカルフェイスとかが言ってたし、爆弾にもし気付いて取り除いていても、あの状況では緊急手術も難しくて彼女は助けられなかった事を知っている。でもヴェノムは知らない。彼はスカルフェイスのテープを聴いていない。知らないが故に、ずっと苦しんでいる。だから私(プレイヤー)よりずっと辛い。だからヴェノムおじさんはヴェノムおじさん、私はわたしです。

その他断片的な箇条書き

  • オセちゃんずるいよな…いいよな…(突き抜けすぎててすべてを赦さざるを得ない恐ろしい存在)
  • 田中秀幸さんって神だわ(ヒューイ語録あまりにも使いやすすぎない?)(田中秀幸さんのお声だからこそエグられる/突き刺さる/頭が破壊される そんな部分があって衝撃を受けました。そんな後にオタコンの演技とか聞くと天才すぎて言葉を失う。天才だ…)
  • 銀河万丈さまとかいう神(私の語彙がないことが悔やまれるけどただやさしいだけの声じゃなくてあっこの人多分ちょっとどころじゃないくらい頭いっちゃってるやつだ…という感じが含まれていて一番怖かったです)
  • 三上さんのお声はいつでも最高なんですけど、その中でも最後のテープのゼロと会話するあたりが真骨頂という感じでした。すべての音をどう聞いてもちゃんとTPPの9年前のオセちゃんの声なんですよ。声が若い。あっこれ1984年のオセちゃんじゃないぞ?とわかる。あとちょっと生意気成分まで残っている。どうしたらこんな演じ分けができるんだ。素晴らしくて感動しました。プロだ。
  • 大 塚 芳 忠 様(あと500000回ぐらい上向きたい…)
  • ミュージカルおじさんことスカルフェイスさん、大好きなんですけど、例の動画みて、なにがなんなのかわからなくなっちまったい(和平のリハビリ動画とは何だったのか?)ありがとうございます。「スカラジ。」がもしあったらどう考えても台本のある大事故じゃん!!!!!!配信しろ!!!!!!石油王はやく!!!!!

書きたいことあと5万倍はあるんですけどそれやってるといつまでもモヤモヤして10月になっちゃうのでとにかく記事を上げます!!!!もういい!!!!和平の子供へのアレとかすまないボス…とか和平のかまぼこ発言とかハンバーガーとかていうかハンバーガーやばくないですか!?ハンバーガーネタテープだと思ってたんですけどよく聞いてると和平が平和を実現させるために自分ができる現実的な範囲での希望としてバーガーミラーズが存在しているようにきこえてくるんですよ本当に……えっ?って思った人はスマホ持ってマック行ってケミカルバーガー食べながらテープ聞いて下さい。私はやりました。大丈夫!みんなやってる!!やってない!?やろう!!!!やって!!!!!和平!!!!!!!

0