映画「フィラデルフィア」観た。
なんとなく気分が晴れず、いい映画でも観て気分変えたいな〜と思って観たけど大正解だった。
デンゼル・ワシントンをきっかけに視聴したら、中身はトム・ハンクス×デンゼル・ワシントン×あらゆる実力派俳優でずっと画面が締まっててえげつなかった。顔のドアップシーンがめちゃくちゃ多いんですが、それが可能なのは出てくる人がみんな顔で演技できるからだった。演技力ガチ勢達による最高峰演技派の殴り合い。えげつなさすぎる。
中でもアントニオ・バンデラスがめちゃくちゃにヤバすぎて泣いてしまった。アントニオ・バンデラスがキャスティングされてるのは知ってたのに、あれバンデラスどこで出てくんだろうとマジで画面を探してたら最初っからいた。全然気付かなかった。声優でも俳優でも、同じ人類で顔立ちや声は同じなのにまったくの別人を演じ分けられる人っている。エクスペのガルゴが頭に入ったまま見てたから気づけなかった。そしてバンデラス(ミゲール)が主人公の指先にキスするシーンすごすぎてびっくりした。あまりにも愛の塊じゃん。こんなに全身で彼への愛を表現できる俳優だったんだ。
あとデンゼル・ワシントンのバッチリウィンクが見られて嬉しかった。弁護士のスーツがバッチリ似合ってて…かっこよすぎる中この立ち振舞い……ありがてえよ、こんなレベルのものがU-NEXT見放題に入っててくれてよ……(感謝)
あとオペラを聴きながら自身の生を全身で表現するトム・ハンクス、それを見て心動かされ愛する人に改めて愛を表現するデンゼル・ワシントン、この辺マジで演技力ぶん殴り大会決勝戦すぎてひたすら口開けてみてた。殴ってくれ、俺を……(急に何?)

余談ですが、最近のハリウッドや俳優界隈では「マイノリティはその当事者が演じるべきだ」という風潮があって私は基本的にはそれに対して反対意見なんですが(仕事を得るためにマイノリティ側のカミングアウトが実質強制されてしまうのではという危惧と、自分の属性以外のものは演じられないのであれば俳優とはなんだろうと考えている為)、もしこの映画を現代でやるとしたら私生活では妻がおりマイノリティの公表をしていないトム・ハンクスはこの役を演じられないのかなあ。畳む
桧山のことが好きなので明日カノ特別編読んで桧山………ってなってる。お店の女の子に洒落た差し入れできるまでになったのか…桧山よ………
60代後半でジョージ・ミラー監督がマッドマックスFRを出したように、HIDEOも60代後半で諜報ゲーの集大成作品を出すんだな…(絶対この辺意識してる感ある)
和平・ミラーとジョージ・ミラーでかけてるの、HIDEOがひたすら楽しそう。よかったねHIDEO…(誰目線?)
あとMGSで生きてきた私としてはアクション・エスピオナージジャンルの完全新作ゲーを出す発言の方が重い。やりたいに決まってるのでHIDEOは長生きしてください。デススト2の後で他のゲームも並行して作るんだろうから(Xboxのやつ)2030年くらいを予定しておけばいいのか?MGSのオタクなので6年でも早い気がしてくる。ビジュアルも何も出てないからなんとも言えないけど楽しみ。
デススト2トレーラー第二弾 見た。前作は比較的大衆向けデザインを意識してたけど(会社の存続がかかってたので)今回は金かかったミニシアター映画って感じ。微妙にチープな雰囲気が漂う(テキトーに作ってるという意味ではない)感じが好きな人はどストライクだろうな。すぐ悪役に兄弟発言させるな!あとMGSV:TPPの和平みたいなビジュアルの人出すのやめてください!!!サイボーグ忍者みたいな人もいた!
今のHIDEO作品、どんどん私の好みから離れていってるんだけど、それじゃなくても尖ったクリエイターが60代になっても大衆の好みに寄せたやつ一本で作ってても怖いしな…会社が傾かない範囲で好きにやらせたらええわな…の気持ちが強い。カッタッパだのマッドマックスFRだのがそのまんま出てて笑っちゃった。HIDEOが楽しそうでよかったです。
「スライ:スタローンの物語」観た。ロッキーは愛の物語だって伝えられる今のスタローンかわいい。スタローンが抱く父親との確執、現在の感情は本当に時間をかけてやっと辿り着いた赦しの境地と受け取ったけど、私はまだそこまでたどり着けないな。
クエンティン・タランティーノがガチオタ解説枠にいて笑った。タランティーノ作品を全然観たことがないのでそのうち観てみようかな。
原作でもT-1000走りだった鶴見中尉、映像でもT-1000走りしてた。
実写版ゴールデンカムイ、デスリベンジとリトルトウキョー殺人課のオマージュがあったな…(言いがかりの方?)
#ブレイバーン
1話:
MGSV:TPPでD-Walker乗りまくって一生赤字生活してた人類としてはあのスイーッて動くロボが可愛い。一般兵(?)が乗ってるやつ。MGSV:TPPやりたくなった。
これ主人公にもスピーカーで聞こえてるのかなと思ったら「さっきからなんなんだこの歌は!!!」ってブチ切れててかわいそうになった。
2話:
「イサミに伝えてくれ…云々かんぬん」「分かった…伝えてお」「チェーンジなんとかかんとか!!!!」の間の取り方、完全にボーボボだし首領パッチのトランスフォームアメ玉じゃん。
儚さがないシンジくん演出、普通にかわいそう。
モーニングに掲載されてた #ちいかわ
『ヌクッ』って謎の擬音好き。あとこたつのテーブルに頭乗せて咀嚼すると脳に響くの分かる……
ナガノ先生の作品読むと、作中に出てくる食べ物食べてみたくなるからいいよね…畳む
#るろ剣
月岡津南が持ってる炸裂弾のしまってる場所、なぜ新アニメだと床下に変更されたんだろう。押入れガラララッ…炸裂弾!!の図を想定してたらおもむろに床開けたからびっくりした。
#Stray ちょっと進めた Twitch
話を進めたら人に勧めづらいビジュアル祭りになって爆笑してる。私は笑いながらやってるけど耐性ない人大丈夫か!?!?
ネコチャンカワイイがきっかけで始めた人が死んじゃうだろ!よりにもよってなビジュアルすぎる…尖ってんな…畳む
アントワーン・フークア監督、デンゼル・ワシントン主演のイコライザーシリーズで一生はしゃぎ倒してるのに「トレーニングデイ」まだ観てないの人類の罪だろ……と急に自責の念に駆られたので観た。
デンゼル・ワシントンがワルの格好してるのイカしてる〜〜〜似合ってるカッコイイ〜〜いややってることは全部だめだけど…証拠品に触るなってウインクするシーンがバチバチに決まってる。やってることは最悪だけど。新人、パワハラセクハラからスタートして全部終わりみたいに頭から被っててずっとかわいそうだった。
クレジットにないのにテリー・クルーズがめちゃくちゃ分かりやすく画面に存在してて笑った。あとトム・ベレンジャーを「メジャーリーグ」振りに観たけどこういうしょーもない笑い方するの似合うな…「プラトーン」何回も観てるのにどれがトム・ベレンジャーか分かってないからそのうち見よう。デンゼル・ワシントンの見た目がイカしてた…最後の方のデンゼル・ワシントンのハチャメチャに情けない感じが舞台っぽくてよかった。見せ方が…畳む
エクスペ4
今作について話す時「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の名前が出てくる時点で察してしまった。そうか…。ガンナーちゃんが元気ならそれで…。畳む
#イコライザー THE FINAL
マッコールさんが自身の頭に銃口を向けるも撃てなかったのは
1.マッコールさんは長年任務に必要な特殊訓練を受けておりこういった環境下で引き金を引くことが不可能
2.同じく自死しようとしたマイ・ボディガードのオマージュ
のどちらとも取れる。どちらもかな。畳む
#イコライザー THE FINAL
イタリアでエスプレッソ飲まないで紅茶とかありえん、地元の風習取り入れろ的な感想を見て
「紅茶のくだりのマッコールさんはシリーズを通してその行動や紙ナプキンのムーブで『OCD(強迫性障害)』であることを暗に示しておりそこで気軽に「ここ(イタリア)ではエスプレッソのほうが美味しいから」つって紅茶からコーヒーに鞍替えできない障害を持っているからこそのマッコールさんであり“あの”イコライザーが生まれたわけで、制作陣もコーヒー紅茶問題は十分検討した上でその部分を曲げずに『ロバート・マッコール』という人物を表現した、そこにこの映画への愛と意味が詰まってるんだよなあ」
「エスプレッソの国イタリアでティーバッグ紅茶を飲み続けるマッコールさん、絶対地元民からしたら風変わりなやつなんだけどそのまま地元民が受け入れて「紅茶の人」になり、時間が経つにつれ「紅茶に合うわよ」ってレモンを差し入れしてくれる御婦人。紅茶マンでも変わりなく一人の人として受け入れてくれる土地、マッコールさんにとってのホームが見つかった瞬間って脚本と演出で最高なんだよな…」

という最悪なオタクの感想が生まれたのでここに供養します。こんな面倒なオタクはここに焚き上げだ。畳む
午前十時の映画祭 で「ショーシャンクの空に」を数十年ぶりに観たけどやっぱり良い映画だった。モーガン・フリーマン大好き。顔で演技ができるレベルの役者をスクリーンで見られるのは幸せ。
1 2 3 4 5

Category

Archives