ʘʘ

ジェニーの記憶観た。
基本的にずっと吐き気を催すグルーミング&性被害のアレコレが続き、かなりしんどい内容。最近嘔吐映画ばっかり観てるな…。
途中で主人公が母親に対し「でも私は彼と愛し合っていたから(同意があったのだから性被害者ではない)」と訴えるシーン。かなり厳しい。人間って自分の心を守るために結構記憶改変するよなの気持ちに。苦しい。
あ、ただ主人公が大学の授業内で生徒に初体験(セックス)の感想や実体験を話すよう要求してるシーンに困惑した。こんなん他の生徒の前で言わせる内容じゃないだろ。国の文化の違い?これ2018年の映画で企画が動いたのは2015年、今が2024年だから違和感覚えてるのかなあ。
この映画も何度も観たいものではないけど一度観ておくのは必要だなと思ったので観てよかった。かなり厳しいけど…。
乗馬先の女の先生の女優さん(エリザベス・デビッキ)がすごくきれいな人だった。コードネーム U.N.C.L.E.出てるのか…観たけど覚えてない…テネットは観てない…畳む
関心領域観た(以下ネタバレ)。
世の中の感想は賛否両論らしいが私は結構好きだった。何度も観たくなるわけではないけど…。眠くなるっていうのはなかったなあ。それより観客の知識の範囲が問われるので(そうしないとその裏で何が起きているのか連想できない)、りんごを埋める少女が何なのかよく分からず自分の無知を恥じたりした。ピアノ弾くシーンも合わせてなんか反ナチスな行動なのは分かったけど細かいことは知識がなくて分からなかった。あの少女は飢える囚人のため食料を少しでも分け与えようとする実在したポーランド人とのこと。
家のお手伝いさんがユダヤ人であそこに連れてかれたんだよねぇ〜カーテンパクったらよかった〜ぐらいの話をさらっとしてたり歯磨き粉の中にダイヤ入れてて草すぎ!とか言ってたりするシーンでハァーーーという気持ちになっていたら、最初の毛皮のコートも略奪品で、口紅も直でつけてないのは他人が使ってたもの、かつ子供が見ていた金歯をつけていた人物は労働してるか死んだだろうし、二度と言うなよ!って軍人の口調を真似てる子供は周りで何が起きてるかわかっているし、弟を捕まえてビニールハウスに突っ込んだ兄貴とそれに対して裏切り者〜!と叫んで遊ぶ二人は戦争(アウシュヴィッツ)ごっこ。川に流れてきたどんぶらこアイテムはご遺体で感染症を防ぐために即帰宅…めっちゃぶん投げてくるじゃん。怒涛じゃん。
でも私がこの環境下で、ユダヤ人はゴミだから焼かれて当然♬という教育のみをされ続け、隣を無視さえすれば最高の住環境が得られるのよ♪と言われて過ごしていたとしたら絶対にこうならないなんて言い切れないかもしれんな…という自問自答の波に飲まれる映画。いいですね。奥さんがいちばん大事なことは「転勤族イヤ!」「あなたが単身赴任してよ!」「私は子どもたちと共に豊かに暮らしたいんだから!!」というご自身に関する熱い主張。まあ人なんてホルモンバランスひとつで性格も変わるし、育ってきた環境で基礎や土台が組まれるからすべての人類が真っ当に正しく生きられるなんてまったく思えないんですよね。ソースはスラム育ちの私。自分の善性をそんなに信じていない。
あとこの映画に近い見せ方をしてるのは「この世界の片隅に」だと思ったんですが(映し出す家庭の立場とかは違うものの、直接原爆を見せない・かつ戦時中の演出が)、それを考えると更に「やっぱこういう環境なら自分は慣れちまうのかも」と思いますね。人はそんなに遠くの全てを意識して生きてはいられない。半径数メートルが限度なのだ。
ただひとつ、この家は最高!子供を育てるのに最適!庭も部屋もステキ!とずっと連呼してるけど、こんなに騒音やべー家は隣でやってること抜きでも住むのやめたほうがいいだろとは思いました。耳悪くなるよ。風向きによっては人燃やした煙と灰が毎日降り注ぐし。慌てて洗濯物取り込んだりもあるし。そら妻の母親も帰るよ。映画だと分からなかったけど臭いとかどうなんだろう。家の使用人が「てめーも灰にしてやろうか」「バカ女」とか奥様に煽られたりで気の毒だった。そら赤子見ながら酒浴びるように飲んだり隠れてタバコ吸うよ。終わりの労働環境。ていうか奥様は子供産んで夜間の育児放置で寝られるのか…。これが“良いご身分”…(この妻、忠実だと戦争後に夫が処刑されたあと再婚してアメリカに移住してるのあまりにもたくましくて笑った)。
手慣れた感じで部屋入ってきて靴脱いだ女、まあそうかと思ってみたら次のカットでヘスがちんちん洗っててそうだねの気持ちになった。ちんちん丸出しで移動できないのはまあそうなんだけど一回履いちゃうとパンツ汚れない?娘ちゃんの「汗かいてる」のワードの追い打ち感。
友人にラストが「アクト・オブ・キリング」だよと言われ見たらあまりにもアクト・オブ・キリングで笑ってしまった。パーチー行ってどうガス室で効率的に殺すかとか考えるのやめよう。そらゲロも吐くよ。畳む
ボーン・コレクター(1999)観た。
多分幼少期には観てる気がするんですが全然覚えてなかったので改めて観た。1995年の「セブン」以降サイコ・サスペンスが流行ったんだなあの気持ちになるやつ。
デンゼル・ワシントン、顔と首まわり、それと人差し指一本しか動かせないという演技力が問われるシチュエーションでずっとかっこいいのでずり〜〜!の声が出ました。実力がある役者さんじゃないと演じきれないやつだ。あと使ってるコンピューターが完全にSiriでよかった。実際Siriより高機能だったな。あと仕事中に「僕がついてるよ」みたいなこと私も言われてえよ。デンゼル・ワシントンがついてるなら無敵だろ。
アンジェリーナ・ジョリーといえばトゥームレイダーで止まっている人類なんですが(あとチェンジリングとソルトは観たな…)、作中で過去にモデルやってた話がすんなり納得できる外見過ぎてパワーだなと思いました。いつ見てもパーツの力が強いな…。あと彼女も急にご遺体の腕を切って持ってきてねって言われたらそりゃ泣いて拒否ってもいいと思う。仕事ではあるけど誰にでもすぐできる労働内容じゃないだろ!ご遺体切って持っていくのは!
後半、身体が不自由なデンゼル・ワシントンの身体勝手に触ってるアンジェリーナ・ジョリーのシーンで「え!?その行動に対して謝罪なし!?あかんやろ!!」と真っ先に思ったんですが多分当時の演出として『心が惹かれ始めている彼女の行動』みたいな枠でセーフだったんですよね…多分…2024年ではダメだと思いますが…(男女問わず)少し考えて、25年経てば色々な価値観は変わるよな…の精神で落ち着いた。あと現代の映画だったら最後はカップルオチにしないとも思う。まあこれは原作がありますが…冒頭の彼氏が気の毒だけど。
デンゼル・ワシントンが犯人の手をベッドで挟み込んで血まみれにしたシーンと首元に噛み付いて血まみれにしたシーン好きすぎる。やれやれー!って声出た。主な感情がイコライザー及びマイ・ボディーガード側の人類すぎるだろ。畳む
プロフェッショナル仕事の流儀の青山剛昌先生回観たけど相変わらず幼馴染愛が強すぎて笑顔になった。40巻くらいまではガッツリ読んでたけどそのあと読んでないので読もうかな。4番サードが好きです。
友達が大井川周辺のオタクなのでゆるキャン△シーズン3の3・4話を観たんですが、登場人物の身体が屈強すぎて笑う。JKがあの距離を原付で走破したら骨盤壊れるぞ!!電車で来た子もすごい距離踏破してるし…いくらなんでも体力がありすぎるだろ。アスリートか?
作風としてファンタジーJK(行動ベースは成人男性)なのは分かりつつも、あまりの体力にビビった…
映画「ジュリアン」観た。
裁判所が見抜くなんてできないんや…の気持ちと、DV父の俳優普通にしてても怖いのに猟銃持ってDVバトルさせるの普通にハチャメチャな恐怖ですごかった。警察が迅速に対処してくれて良かったね…やっぱ警察よ…(解決)
作中、ドアがあらゆる話の入口出口として作用してたけど、まさかそれをブチ破るのに猟銃持ち出すとは思ってなかったからビビった。ハンターだって話はあったけど…猟銃で脅しに来るなんて一般人は想定してないから…
ジュリアンが死んだ目で車乗ってるシーン全部かわいそうだった。ICレコーダーとか持たせたらあかんのか?と思いつつ持ってるのバレたら大変なことになりそうだし……でも冒頭の家裁の調停では「言うて証拠ないよねそれ?w」みたいなこと普通に言ってくるし…もっと気軽に証拠取らせてくれや!それとジュリアンが脅されるシーンはそういう経験ある方は過呼吸とか出るかもしれないから気をつけて見て欲しい…車の中でバンバン!!ってされるあたりとか…
ジュリアンの姉が妊娠したっぽい伏線があったのに特に回収することなく終わったのだけ謎だった。最後は帰るね〜みたいなことを言いつつカップル二人は帰らない、それによりDV父の暴力からの解放かつ学生妊娠でこれからの未来(色々大変そう)が少し暗示してるのか…?最後なんか置いてたのは鍵や置き手紙かな。家出するのか?学生妊婦が!?無茶だろ!明らかにボーイフレンドは御家庭を築くのに頼りになりそうな表現がされてなかったし……あと発車間際の駅ホームでくっついてるのは素直に危ないからやめよう!畳む
ハンターの舞台2感想(1の感想)
  • ハンステ、1もそうなんだけどあんまり俳優さんのことを知らずに観ているのでゴンの役者さんが声変わりしててびっくりした。それでも高めなんだけど、前回はかなり中性的で少年って感じの声で「あれ?役者さん女性なのかな」とぼんやり思っていた。今回は骨格がしっかりして体の成長を感じた…テニミュの向日とかの成長問題に近いものを感じる(忍足よりでかくなる向日定期)。初めて俳優さん情報見たら17歳の方だった。若!
  • センリツとパクノダさんがかわい〜。にしてもパクノダさんの能力強すぎるよな。
  • ヒソカは前回に続いて私的には解釈違いなんだけど完全に自分の世界があって圧倒的説得力で殴ってくるから「そうなんだ、このヒソカもいいね」になる。人には人のキャラ解釈。
  • クラピカ前回より声高くしてるかな?中性的な解釈オタクも安心できるかもしれない。
  • テニミュ2ndを完走した人類なので「またイセダイは小越くんに敗北するんか…」と思っていたら本人が言及していた
  • 「その画面巻き戻せるか?」「おそろしく速い手刀 オレでなきゃ見逃しちゃうね」がちゃんと舞台化されてて笑った。客席から笑い声も上がってた。みんなこのシーン好きすぎるだろ。
  • あとキルアの「クセになってんだ 音殺して動くの」もちゃんと再現されていた。笑顔になった。
  • 『原作オタクでもないが前回のクオリティが高かったのでなんとなく観てみた』というきわめてふんわりとした観客ですが、楽しく見れたので良かったです。
  • ただ原作に忠実な表現に努めようとした結果ちょっと…長い!!3時間半!長い!でも余計なシーンはマジでなかったと思うし相当丁寧に詰めて練り上げての3時間半だと思います。大変だ。
畳む
魔改造の夜
最近偶然観たこの番組が面白かった。あらゆる立場の人類がガチになってモノづくり一発勝負。学歴も職歴も超えた領域で、知識や経験が活かされててよかった。あとやはりその道のプロがまとめた書籍は最強なのが分かって良い。頭のいい人がわかりやすくまとめた最高の情報がぎっちり詰まってて、それを問答無用で全身に浴びていいんだもんな…。
映画「来る」を久しぶりに観た。
相変わらず最初から最後まで最悪が続く映画。柴田理恵のシーンと除霊甲子園予選で現地入りしようとする各除霊師のシーンがあまりにも好きすぎる(新幹線の車両移動→カプセルホテルのシーン大好き)。あと子供と母親という点でふと「子宮に沈める」と「あのこと」を思い出した。どちらの映画も万人には勧めませんが…
初めて観た時は気付かなかったけど韓国勢もお祓い参加してるの良すぎる。絶対「コクソン」にいた方々じゃん(?)。コクソンもまた観たいな。
そして作中の最悪セリフランキング付けたかったけどどれも最悪すぎて悩んでる。混戦すぎる。
1位「育ちかなぁ〜」
2位「たかが一人産んだくらいで」
3位「じゃああげるよ!」

この辺かな…全部最悪だけど……畳む
「ヴァチカンのエクソシスト」面白かった。プレステかSteamに原作ゲームありそう感がよかった。注射器の刺し方がサラ・コナーすぎるだろ…。完全に実況向け。原付もかわいい。絶対続編やってほしい。
映画「フィラデルフィア」観た。
なんとなく気分が晴れず、いい映画でも観て気分変えたいな〜と思って観たけど大正解だった。
デンゼル・ワシントンをきっかけに視聴したら、中身はトム・ハンクス×デンゼル・ワシントン×あらゆる実力派俳優でずっと画面が締まっててえげつなかった。顔のドアップシーンがめちゃくちゃ多いんですが、それが可能なのは出てくる人がみんな顔で演技できるからだった。演技力ガチ勢達による最高峰演技派の殴り合い。えげつなさすぎる。
中でもアントニオ・バンデラスがめちゃくちゃにヤバすぎて泣いてしまった。アントニオ・バンデラスがキャスティングされてるのは知ってたのに、あれバンデラスどこで出てくんだろうとマジで画面を探してたら最初っからいた。全然気付かなかった。声優でも俳優でも、同じ人類で顔立ちや声は同じなのにまったくの別人を演じ分けられる人っている。エクスペのガルゴが頭に入ったまま見てたから気づけなかった。そしてバンデラス(ミゲール)が主人公の指先にキスするシーンすごすぎてびっくりした。あまりにも愛の塊じゃん。こんなに全身で彼への愛を表現できる俳優だったんだ。
あとデンゼル・ワシントンのバッチリウィンクが見られて嬉しかった。弁護士のスーツがバッチリ似合ってて…かっこよすぎる中この立ち振舞い……ありがてえよ、こんなレベルのものがU-NEXT見放題に入っててくれてよ……(感謝)
あとオペラを聴きながら自身の生を全身で表現するトム・ハンクス、それを見て心動かされ愛する人に改めて愛を表現するデンゼル・ワシントン、この辺マジで演技力ぶん殴り大会決勝戦すぎてひたすら口開けてみてた。殴ってくれ、俺を……(急に何?)

余談ですが、最近のハリウッドや俳優界隈では「マイノリティはその当事者が演じるべきだ」という風潮があって私は基本的にはそれに対して反対意見なんですが(仕事を得るためにマイノリティ側のカミングアウトが実質強制されてしまうのではという危惧と、自分の属性以外のものは演じられないのであれば俳優とはなんだろうと考えている為)、もしこの映画を現代でやるとしたら私生活では妻がおりマイノリティの公表をしていないトム・ハンクスはこの役を演じられないのかなあ。畳む
桧山のことが好きなので明日カノ特別編読んで桧山………ってなってる。お店の女の子に洒落た差し入れできるまでになったのか…桧山よ………
60代後半でジョージ・ミラー監督がマッドマックスFRを出したように、HIDEOも60代後半で諜報ゲーの集大成作品を出すんだな…(絶対この辺意識してる感ある)
和平・ミラーとジョージ・ミラーでかけてるの、HIDEOがひたすら楽しそう。よかったねHIDEO…(誰目線?)
あとMGSで生きてきた私としてはアクション・エスピオナージジャンルの完全新作ゲーを出す発言の方が重い。やりたいに決まってるのでHIDEOは長生きしてください。デススト2の後で他のゲームも並行して作るんだろうから(Xboxのやつ)2030年くらいを予定しておけばいいのか?MGSのオタクなので6年でも早い気がしてくる。ビジュアルも何も出てないからなんとも言えないけど楽しみ。
デススト2トレーラー第二弾 見た。前作は比較的大衆向けデザインを意識してたけど(会社の存続がかかってたので)今回は金かかったミニシアター映画って感じ。微妙にチープな雰囲気が漂う(テキトーに作ってるという意味ではない)感じが好きな人はどストライクだろうな。すぐ悪役に兄弟発言させるな!あとMGSV:TPPの和平みたいなビジュアルの人出すのやめてください!!!サイボーグ忍者みたいな人もいた!
今のHIDEO作品、どんどん私の好みから離れていってるんだけど、それじゃなくても尖ったクリエイターが60代になっても大衆の好みに寄せたやつ一本で作ってても怖いしな…会社が傾かない範囲で好きにやらせたらええわな…の気持ちが強い。カッタッパだのマッドマックスFRだのがそのまんま出てて笑っちゃった。HIDEOが楽しそうでよかったです。
「スライ:スタローンの物語」観た。ロッキーは愛の物語だって伝えられる今のスタローンかわいい。スタローンが抱く父親との確執、現在の感情は本当に時間をかけてやっと辿り着いた赦しの境地と受け取ったけど、私はまだそこまでたどり着けないな。
クエンティン・タランティーノがガチオタ解説枠にいて笑った。タランティーノ作品を全然観たことがないのでそのうち観てみようかな。
原作でもT-1000走りだった鶴見中尉、映像でもT-1000走りしてた。